栄泰寺

こんにちは。

栄泰寺について話します。

ジューは肉の割礼を受けてても死んだら元に戻されて無割礼になるから地獄に行くっていうのはパリさやの神そして多かれ少なかれ今のパリサイ派も同じです。

ユダヤ人は地獄には行かない来世においてなんだかの祝福に預かるんだ誇り高き旅です。

パウロの進学はどうかプールはもともとどこで学んだか知ってるパウロの学閥ってのはどこだと思うファルはどこ卒業してんだマリエールの学校卒業したありさですよ。

パリパリのパリサイ派です。

そのパリサイ派神学を学んだパウロが蘇りのイエスキリストに出会って後数年間黙想しトーラーを学び直し自らの進学を再度検証した結果彼はあることに気がついたのでそれは外的割礼と聖霊による心の割礼と区別しなきゃいけないってことを彼は理解したそしてその内容がロマ書9から11に入るとはっきり出てくる彼は大半のユダヤ<br />

大般涅槃経

こんばんは。

大般涅槃経をご存知ですか?そしてその結果私はどうなった診断です。

この事はパウロの体験であると同時に私たち皆の体験です。

第一コリント15-56にものすごく難しい聖句がこれは読んだだけでわかる人まずいないと一緒に読んでみましょう。

はい死の棘は罪であり罪の力は立法です。

意味わかるこれほとんど直訳だよねこの言葉は今パウロがロマ書7章で論じていることが分かったら初めてわかる内容なんです。

ちょっと説明しますね。

とげってあるでしょとげって心地よいですか痛いですか人を傷つけますかいやしますか気をつけるねじゃあ死のうと外はって言うと主は人を傷つけるという意味ですよ。

死の棘た人は足は人を傷つけるんだけどもその力をどこから得てるかと言うと罪から今度は罪は人を死に導くんだけど罪はその力はどっから出てる立方から得てるんです。

がこの言葉を分かりやすく<br />

アライヤクシ

こんにちは。

アライヤクシをご存知ですか?とじゃないんです。

今やっても勝てないから勝てそうになる時まではとりあえず9000にして力を蓄えて力が付いたらつまり相手に勝てるという状況が来たらまた戦いを挑むっていうのがイスラム教徒の9000の考え方です。

ここで悪魔はイエスから離れたけれどもそれは今はだめだけれども勝てる時になったらやろう何回も出てきます。

何回もイエスを十字架から遠ざけようとしてますよ。

ある時は音で歯のペテロの口を通してイエスさまがね私は10時間にかかろうとしてるってただペテロが覚えてるよっさんを横に連れて行って冷めたでしょそんなこと言ってはなりませんでした。

あなたは神個室です。

って言った後で言ってんのねすごいよねペテロの頭の中もどうなってんだろうねあなた私の手術と言いながら私の方があなたより知ってるって言ってんのこれおかしいよその時<br />

神崎寺

こんにちは。

神崎寺を知っていますか?ね。

僕らはよく終末論と話をするでしょ学問的に神学的に終末論ってのはいつから始まるかと言うと仁の時代に入ってから終末論が始まるんです。

だから今日の話は実はこの四つのキーワードは難しく言うと終末論を僕は話そうとしてるんです。

終末論で社会なグローリーがどういう風に私達と関わってくるかという話をしようと思ってるんです。

それでじゃあ協会時代と仁の時代の関係は何かと言うとさあここでね混乱しないように聞いてください。

ねめぐみの時代て大きな君があるでしょその恵みの時代に協会時代と最後の間何時代とが含まれてるんです。

だから教会時代の話を今からします。

がこれは仁の時代の話をしてるのと同じことなんです。

いいですか大艱難時代っての最後の7年間だから仁の時代の一番最後の7年は非常に恐ろしい時代が来るこれが聖書の予言です<br />

戒誓寺

こんにちは。

戒誓寺を聞いたことありますか?ね。

ここまででどのようにユダヤイスラエル人たちが喜びを表現したかって事分かります。

奇跡を持って後悔を渡ったんです。

がたり終モーセと男ども 歯を叩いたんでそれに続いてミリアムと女性たちが踊り手を叩いたんです。

今日みっついましたね。

シャカイナグローリーの働きについて前回も少し触れました。

けども社会な苦労てると捉えたんです。

その紙は目的を持って天地を創造した神であると彼らは考えたんでまたその神はご自分の計画に従ってある目的に向かって歴史を導いていると彼は捉えたんです。

だからギリシャローマ的な世界観エジプトの世界観が年齢的である西区はサイクルしていくというのに対してヘブル的世界観てな直線的です。

リニアです。

始まりがありゴールがあり歴史はそこに向かって動いてるんだという全く異なった世界観を持ったんです。

<br />

川越御坊

こんにちは。

川越御坊を聞いたことがありますか?徴的なのでつながってくるわけですね。

このパンは一週間安息日になると新しく取り替えるんですね。

ビキニ14-8一週間に1度安息日ごとに取り替えるその奉仕にあたったのが消え果てる族です。

け張ってると口がその奉仕にあたりました。

列王記第19の32です。

列王記第一9-32このパンは性別されたパンですから誰が食べてもいいというわけではない誰が食べるんですか食べていい人は誰ですか妻子だけです。

これがモーセの律法です。

ところがモーセの律法は律法主義者が人を束縛するために与えられてんじゃない人間に幸せを与えるために与えられただからさ意思じゃないのにものすごくお腹すいた時にこれの奴がいるんです。

誰か知ってるだビデオです。

って言ったのはその話を引用してダビデ食べたじゃないか神様怒った買ってんです。

全てのモーセの律法は人間を低く<br />

大正新脩大蔵経

こんにちは。

大正新脩大蔵経をご存知ですか?トのみなによってお願いいたします。

雨ご一緒に乗りましょう。

一緒に乗りましょう。

この二日間な石三日間はエルサレムなんですね。

エルサレムの旧市街っていう城壁で囲まれた中に入ります。

で旧市内の中にユダヤ人地区ってなるんですよ。

昔の一石を大事にしながら新しい町屋ショッピングセンターができてるんです。

そのローマのビザンチン時代にできた中央通りカル取っています。

がかかる度に入るとユダヤ人の素敵な土産物屋が左右に並んでいる道路があるんです。

それをずっと奥まで行くと左右にいどのようなものがあって覗き込むと地下20 M ぐらいのところに旧約時代の城壁の後と海が見えてくるわけでこうやってそういう上に間違ってるわけです。

そしてさらに行くと鉄の扉のようなのがあってそれが開いてるわけですね。

その向こうがえらい雰囲気が違う<br />